プロフィール

GAMADASU

GAMADASU
俺たちが・・・ガンダムだ!

FC2カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近の記事

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8:新兵に送るエクストリーム講座

2010/12/14 (Tue) 22:06
タイト0j0hル 1.avi_003175216 
なぜなにエクストリーム☆

どうも、なかもです。

1行目から書いてる人の世代がバレる勢いですが、
唐突に始まりました新兵に送るエクストリーム講座。

Q:なんでこんなん書きだしたの?
A:ノリです。

第1回目とか銘打ってますが、次があるかは知らないです(爆
こうして予防線を張っておくことにより、
私はいつでもこの講座を最終回にできる(キリッ
今回は第1回ということで、『着地硬直』について説明するでゲソ。

はい、ちょっと待ってー。

今何か侵略されてましたよね?(汗

今思い出したのですが、前シャッフルで組んだ人から、
『前に行くでゲソ』って通信きたときは吹きました。

話が横道にそれましたが、『着地硬直』について説明します。


◎着地硬直とは?
その名のとおり、”着地”した時に発生する”硬直”です。

これで分からない人は、
2メートルぐらいの高さから飛び降りてみてください、
地面に着地した瞬間、何秒か動けないと思います。

それがゲームの中の機体にも起こっております。


◎ゲージ残量で変わる着地硬直

このゲームは着地したときのブーストゲージの残量によって、
着地硬直の長さが変わります。

まずはこれを念頭に入れましょう。

ではゲーム画面を見ながら簡単に説明しましょう。

タイト0j0hル 1.avi_002497350 

ストライクフリーダムでBDを1回行って、着地した状態です。

ブーストゲージが青い状態のため『青着地』と呼ばれたりします。

この着地が一番硬直が少ないです。
具体的な数字を出すと20フレームです。
(1フレーム=1/60秒)

青着地ですと、着地を狙ってきたビームを高確率で避ける事ができます。
しかし青着地といえど、
20フレームの硬直が発生しているので、当たる弾には当たります。

過信しすぎないようにしましょう。

しかしブーストを意味なく使用するよりは、
着地できるときにはさっさと青着地したほうがよいです。

意味もなく長時間ブーストを使用するのはよろしくありません。
長時間ブーストを使用していると、ブーストの残量が少ないということなので、
狙われる可能性があがり、被弾の可能性もあがります。


タイト0j0hル 1.avi_002527333 

ブーストゲージを半分と少し使いきった状態です。
ブーストゲージの色が黄色になっているのを確認してください。

このゲームではブーストゲージが半分以下になるにつれて、
着地硬直は増加していきます。

この状態の着地硬直のフレーム数は分かりませんが、
少なくとも20フレームよりは長いです。

タイト0j0hル 1.avi_002572316 

ブーストゲージを完全に使い切った状態です、オーバーヒートと言われます。
オーバーヒートを起こした場合、着地硬直は40フレームと言われてます。

40フレームということは青着地の2倍です。
オーバーヒートの着地だと、
赤ロック内で狙われた弾はほぼ当たります。

そのためオーバーヒートはなるべく起こさないようにしましょう。
まずはこれを心がけてみてください。


◎その他
着地を行う際、建物を利用するのも非常に有効です。

建物の陰に隠れて着地することで、比較的安全に着地を行うことができます。

しかし1点注意しなければならないのは、照射系武装の存在です。

ストライクフリーダムのサブ。
サザビーの特射。
ガナーザクウォーリアのCS。
etc

上記のような照射系の武装は壊れる建物を貫通してきます。
そのためオーバーヒートして建物の陰に隠れたまではいいが、
そこに照射系武装を撃ち込まれて大ダメージ!なんてのはshレにならんとです。

もちろん壊れない建物の裏ですと、安心して着地を行えるでしょう。

そのため、各ステージの壊れる建物と、
壊れない建物は覚えておきましょう。


簡単に説明しましたが、このゲームの着地硬直について理解して頂けたかと思います。

ここまで読んでみて、青着地でずっと着地すればいいじゃんと思った方がいらっしゃるかもしれません、
しかしそう簡単に物事は進んでくれません。

前述もしましたが、青着地といえど20フレームの硬直が発生します。
相手がこちらを狙って追ってきている場合、
その20フレームの硬直が命取りなのです。

相手から追われている状況ってどんな状況?
どの程度の距離から撃たれた弾までなら青着地で回避できるの?

などといった疑問も浮かんでくるかと思いますが、
それに対しての答えは『経験で覚えてください』としかいいようがありません。

せっ、説明が面倒くさいってわけじゃないんだからね!

何のゲームにしても、経験はとても大事です。

ここを読んでくださっている新兵の方、
負ける事を恐れずに1日1回でもいいです、プレイしてください。

そして対戦後は必ずリプレイで動きを見直してください。
そうやって対戦と反省を反復することが大事です。

簡単に書きましたが、この記事を読んでくださった新兵の方の、
お役に少しでも立てればと思います。

第2回の更新は気が向いたらやります(笑)
スポンサーサイト

≪前の記事:君の視線を釘付けにする!
≫次の記事:試作段階のあの機体を、私色に染め上げて欲しい

コメント

3:

すごく勉強になります・・・
2回目も楽しみにしてます。

2010/12/15 06:06 | 逃げ #- URL [ 編集 ]

4:

次が楽しみすぎて夜も眠れません
第二回待ってます

2011/02/06 13:23 | KEIN #Ybw1CIdM URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP

KEINついったー

なかもついったー

杏夜ついったー

逃げついったー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。